日々是好日~日々の出来事と時事ネタのあれこれ~

私の日常の出来事や、時事ニュースに関する私の考えなどを気ままに綴ったブログです。

「この本を盗む者は」~魔法と冒険が織り成すファンタジーの世界~【読書感想文】

本の魔力と魅力を詰め込んだ、空想の宝箱 高校生の深冬は、書物の蒐集家を曾祖父に持つ一般的な少女です。彼女は本が好きではありませんが、ある日、父の代わりに巨大な書庫「御倉館」を訪れます。そこで彼女は蔵書が盗まれたことを知り、本の呪いが発動しま…

「タッチで支払う未来」:日本でのiPhoneタッチ決済の革新

スマートフォンが私たちの生活に欠かせない存在となって久しいが、アップルがこの度、日本において「iPhoneのタッチ決済」を開始したことで、その利便性はさらに高まりそうだ。これは、米国をはじめとする他国で既に導入されている「Tap to Pay on iPhone」…

カフェの隠れた名品!ドトールのアイスコーヒー&スイートポテト体験記

カフェ巡りをよくしている私ですが、この度ドトールコーヒーで思わぬ美味しさに出会いました。その主役は、なんとアイスコーヒーとスイートポテト。一見シンプルな組み合わせですが、その味わいは格別でした。 アイスコーヒーは、ドトール独自のブレンドが冴…

映画「七つの会議」感想 - 企業の闇と正義を描く、衝撃の社会派サスペンス

映画「七つの会議」は、池井戸潤の同名小説を原作とした、社会派エンターテインメントの傑作です。この映画は、一見平凡な中堅企業が抱える深い闇と、そこで働く人々の葛藤をリアルに描き出しています。主演の野村萬斎さんをはじめ、香川照之さん、及川光博…

障害者雇用の新時代:法定雇用率の引き上げと賃金格差の解消に向けて

はじめに 障害者雇用の現状 賃金格差の原因 質の向上と環境整備 先進的な取り組み 結論 参考記事 はじめに 2024年度から段階的に引き上げられる障害者法定雇用率は、企業にとって新たな挑戦であり、社会全体にとっても重要な転換点です。現在の2.3%から2026…

直木賞受賞作家・西條奈加の世界への招待 - 心淋し川の深遠なる魅力【読書感想文】

直木賞を受賞したことで注目を集める西條奈加の「心淋し川」は、ただの物語以上のものを私たちに提供してくれます。この小説は、読者を情感豊かな旅へと誘い、日常の喧騒から離れた静寂の中で、自己と向き合う時間を与えてくれるのです。 物語は、主人公が過…

新しい休日の形:鳥取市の体験的学習活動等休業日とその社会的意義

平成初期、祝日は今よりも少なく土曜日は月一回休校で、そんな学生時代を過ごした私たちにとって、長期休暇は貴重なものでした。しかし、時代は変わり、鳥取市では新たな試みが始まっています。それは「体験的学習活動等休業日」という制度です。この制度は…

新卒のスピード離職現象:企業文化と若者の価値観の交差点

新卒者の間で増加している「スピード離職」は、現代の労働市場における顕著なトレンドです。入社初日での退職は、企業と新社会人の間の期待のズレを浮き彫りにしています。特に、「配属ガチャ」と揶揄されるような、希望と異なる配属先への不満が、この現象…

米国世論調査:TikTokは中国政府の脅威か? 国家安全保障上の懸念を探る

はじめに 国家安全保障上の懸念 調査結果 考察 今後 はじめに 2024年4月29日〜30日にロイター/イプソスが実施した世論調査によると、米国人の約58%が、中国政府が動画投稿アプリ「TikTok」を米国世論に影響を与えるために悪用していると考えていることが明ら…

ゴールド免許の落とし穴!うっかり失効でブルー免許降格の危機!?

はじめに ゴールド免許は、安全運転の証として多くのドライバーが憧れる存在です。しかし、無事故無違反であっても、ゴールド免許を失ってしまうケースがあることをご存知でしょうか? 本記事では、ゴールド免許の維持に潜む落とし穴について詳しく解説しま…

【衝撃調査】社会人2年目の6割超が出世に興味なし!?ワークライフバランス重視の時代が到来?

1年で何が起こる?社会人1年目と2年目の「出世」意識の劇的な変化 ソニー生命保険株式会社が実施した「社会人1年目と2年目の意識調査(第11回)」によると、社会人2年目の6割超が「出世したいと思わない」と回答。これは1年目の4割超を大きく上回る衝撃的な…

心温まる物語「鉄道員(ぽっぽや)」: 浅田次郎さんの名作を再読【読書感想文】

はじめに 物語の魅力 映画化 まとめ はじめに 先日、浅田次郎さんの小説「鉄道員(ぽっぽや)」を読み終えました。北海道の廃線寸前のローカル線を舞台に、駅長である佐藤乙松と、彼を取り巻く人々との温かい交流を描いた作品です。 物語の魅力 この作品の魅…