日々是好日~日々の出来事と時事ネタのあれこれ~

私の日常の出来事や、時事ニュースに関する私の考えなどを気ままに綴ったブログです。

【衝撃調査】社会人2年目の6割超が出世に興味なし!?ワークライフバランス重視の時代が到来?

1年で何が起こる?社会人1年目と2年目の「出世」意識の劇的な変化

ソニー生命保険株式会社が実施した「社会人1年目と2年目の意識調査(第11回)」によると、社会人2年目の6割超が「出世したいと思わない」と回答。これは1年目の4割超を大きく上回る衝撃的な結果となりました。

ワークライフバランス重視の働き方が主流に?

調査結果から、1年間の社会人生活を経て、出世よりもワークライフバランスを重視する人が増えていることが伺えます。特に2年目の女性では63.6%と、他の層と比べて顕著な傾向です。

なぜ2年目で出世への意識が下がるのか?

考えられる理由はいくつかあります。

  • 1年目のギャップ: 入社前に描いていた理想と現実のギャップに直面し、出世への意欲が低下する。
  • 管理職の大変さ: 周囲の管理職の働き方を見て、その大変さに尻込みする。
  • ワークライフバランスの重要性への認識: ワークライフバランスの重要性への認識が高まり、自身の生活を優先したいと考える人が増えている。
  • 価値観の変化: 仕事以外の充実にも価値を見出す人が増え、必ずしも出世だけが成功とは限らないという考え方が広まっている。

今後の企業はどうなるべきか?

今回の調査結果は、企業にとっても大きな示唆を与えます。

  • 多様な働き方への対応: ワークライフバランス重視の社員のニーズに応えられるよう、柔軟な働き方を推進する必要がある。
  • 個々のキャリアプランへの支援: 一律に出世を促すのではなく、個々のキャリアプランに合わせたサポート体制を整える必要がある。
  • 企業理念やビジョンの明確化: 漠然とした「出世」ではなく、会社で働く意義や目標を明確に示すことが重要になる。

まとめ

社会人1年目と2年目の「出世」意識の差は、働き方に対する価値観の変化を反映しています。企業はこうした変化に対応し、多様な働き方が選択できる環境を整えることが求められます。

以下の記事についての考察でした。

news.livedoor.com