日々是好日~日々の出来事と時事ネタのあれこれ~

私の日常の出来事や、時事ニュースに関する私の考えなどを気ままに綴ったブログです。

映画「七つの会議」感想 - 企業の闇と正義を描く、衝撃の社会派サスペンス

映画「七つの会議」は、池井戸潤の同名小説を原作とした、社会派エンターテインメントの傑作です。この映画は、一見平凡な中堅企業が抱える深い闇と、そこで働く人々の葛藤をリアルに描き出しています。主演の野村萬斎さんをはじめ、香川照之さん、及川光博さん、片岡愛之助さんなど、実力派俳優たちが集結し、彼らの熱演が物語に深みを与えています。

七つの会議 通常版 [DVD]

あらすじは、東京建電という架空の会社を舞台に、営業部の日常とそこで起こる一連の騒動を描いています。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎さん)は、その居眠り癖から「居眠り八角」と揶揄される存在。しかし、彼が突如としてパワハラで訴えを起こすことから、会社内に隠された大きな秘密が明らかになっていきます。

この映画の魅力は、ただの職場ドラマに留まらず、企業倫理や人間の尊厳といった重いテーマに真正面から取り組んでいる点にあります。観る者を引き込むストーリー展開、そして予測不能な結末は、私たちに多くのことを考えさせられます。

また、映画の中で描かれる「会議」というシーンは、単なるビジネスシーンの描写にとどまらず、そこには人間の心理や立場の弱さ、そして時には強さが表現されています。それぞれのキャラクターが抱える背景や心情が、繊細な演技を通じて伝わってきます。

映画「七つの会議」を観た後、私は多くの感情と考えを抱きました。この作品は、ただのエンターテインメントではなく、私たちが生きる社会について深く考えさせられる作品です。そして、それぞれの登場人物が抱える問題は、決して他人事ではなく、私たち自身の問題でもあるのです。

この映画を観て、私たちは何を感じ、何を学ぶことができるのでしょうか。それは、映画を観た人それぞれの心に留まる問いかけであり、答えを出すのは観た人自身です。私はこの映画を通じて、多くの人にメッセージを伝えたいと思います。そして、このブログを読んでくださった方々にも、ぜひ映画「七つの会議」を観て、その感動を共有していただきたいです。