日々是好日~日常の出来事と時事ネタ~

日常の出来事や、時事ニュースに関する私の考えなどを気ままに綴ったブログです。

炎上する現代社会に立ち向かう若者たち:石田衣良「炎上フェニックス」を読んで【読書感想文】

炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパーク17 (文春文庫)

炎上という現代社会の闇

現代社会において、インターネットの発展は私たちの生活に大きな変化をもたらしました。しかし、その一方で、ネット炎上という新たな問題も生まれています。石田衣良さんの最新作「炎上フェニックス」は、まさにこのネット炎上という現代社会の闇に迫る作品です。

本作の主人公は、人気女子アナウンサーのホノカ。ストーカーと化したADの自殺をきっかけに、彼女はネット上からの誹謗中傷にさらされ、休職を余儀なくされます。絶望の淵に立たされたホノカは、唯一の希望である池袋ウエストゲートパークの仲間たちに助けを求めます。

一方、キングと呼ばれた男の死後、池袋には新たな勢力が台頭していました。マコトとタカシは、街の平和を守るために、再び立ち上がります。

池袋ウエストゲートパークの仲間たちの絆

「炎上フェニックス」は、ネット炎上という現代社会の闇を描きながらも、希望の光を感じられる作品です。池袋ウエストゲートパークの仲間たちの絆が、読者の心に勇気を与えてくれます。

マコトたちは、ホノカを助けるために、様々な困難に立ち向かいます。炎上を起こした犯人を突き止めるために奔走し、ホノカの心を癒すために寄り添います。

仲間たちの絆は、どんな困難も乗り越えられるという力強さを持っています。それは、現代社会に生きる私たちにとって、大きな希望となるでしょう。

現代社会に生きる私たちへのメッセージ

「炎上フェニックス」は、現代社会に生きる私たちに、大切なメッセージを伝えてくれます。

ネット炎上は、誰にでも起こり得ることです。私たちは、加害者にも被害者にもなり得る可能性を秘めているのです。

だからこそ、私たちは、ネット炎上という問題に無関心でいることはできません。ネット炎上を防ぐためには、一人一人が意識を変え、行動することが大切です。

「炎上フェニックス」は、私たちに勇気と希望を与えてくれる作品です。現代社会の闇に苦しんでいる人々に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。