日々是好日~日々の出来事と時事ネタのあれこれ~

私の日常の出来事や、時事ニュースに関する私の考えなどを気ままに綴ったブログです。

「この本を盗む者は」~魔法と冒険が織り成すファンタジーの世界~【読書感想文】

本の魔力と魅力を詰め込んだ、空想の宝箱

この本を盗む者は (角川文庫)

高校生の深冬は、書物の蒐集家を曾祖父に持つ一般的な少女です。彼女は本が好きではありませんが、ある日、父の代わりに巨大な書庫「御倉館」を訪れます。そこで彼女は蔵書が盗まれたことを知り、本の呪いが発動します。「この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる」というメッセージが残されていました。

深冬は、世界が物語の中に姿を変えてしまう前に、泥棒を捕まえなければならないと知ります。彼女は探偵が銃を手に陰謀に挑む話や、銀色の巨大な獣を巡る話など、様々な本の世界を冒険していきます。そして、やがて彼女自身にも変化が訪れることになります。

この小説は、現実と空想が交差する不思議な世界を描いており、読者を引き込むこと間違いありません。深緑野分の独特の文体と豊かな想像力が、物語をさらに魅力的にしています。

「この本を盗む者は」は、胸躍るファンタジーとして、読者に楽しさと驚きをもたらす作品です。