日々是好日~日々の出来事と時事ネタのあれこれ~

私の日常の出来事や、時事ニュースに関する私の考えなどを気ままに綴ったブログです。

「タッチで支払う未来」:日本でのiPhoneタッチ決済の革新

スマートフォンが私たちの生活に欠かせない存在となって久しいが、アップルがこの度、日本において「iPhoneのタッチ決済」を開始したことで、その利便性はさらに高まりそうだ。これは、米国をはじめとする他国で既に導入されている「Tap to Pay on iPhone」機能の日本版であり、iPhone内蔵のNFCを活用して、Apple Payや各種タッチ決済対応のカード、デジタルウォレットを使った支払いが、加盟店のiPhoneにかざすだけで完了するというものだ。

このシステムの最大の特徴は、そのシンプルさにある。店舗側はiPhoneと対応iOSアプリを用意するだけで、追加の決済端末を必要とせず、場所を選ばずに決済機能を導入できる。これにより、特に小規模なビジネスオーナーにとっては、コスト削減と手軽さが大きなメリットとなるだろう。

日本でのパートナーとしては、GMOフィナンシャルゲートの「stera tap」、リクルートの「Airペイタッチ」、Squareの「Square POSレジ」アプリが対応を開始し、Adyenも近い将来対応予定であることが発表された。これらのサービスは、アメリカンエキスプレス、JCB、Mastercard、Visaなどの主要カードブランドに対応しており、iPhone XS以降の端末で利用可能である。

特に注目すべきは、決済手数料の低さである。例えば、stera tapは通常の手数料が2.70%であるが、Visa/Mastercardについては実質1.98%とするキャンペーンを実施中である。これにより、事業者はより低いコストで非接触決済を導入できる。

アップルのジェニファー・ベイリー氏は、この新しい決済方法によって、事業者は追加のハードウェアなしでiPhoneを決済端末として使用できるようになり、電子決済への対応にかかる費用を削減できると述べている。これは、事業者だけでなく、消費者にとっても、より簡単で安全、プライバシーが守られた非接触決済の体験を提供することになる。

このように、iPhoneのタッチ決済は、日本における電子決済の普及と進化において、大きな一歩となるだろう。事業者と消費者双方にとってメリットが多く、今後の展開が非常に楽しみである。この革新的なステップが、日本のキャッシュレス社会をさらに推進することになると確信している。

以下の記事についての考察でした。

www.watch.impress.co.jp