BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

古川真人「背高泡立草」〜記憶と歴史が結びつく物語の魅力〜【読書感想文】

古川真人さんの「背高泡立草」は、第162回芥川賞を受賞した作品です。この作品は、長崎の島にある母の実家の納屋の草刈りに行った主人公が、家族や島の人々から聞いた様々な物語を通して、自分のルーツや記憶について考えるという内容です。この作品の魅力は、記憶と歴史が結びついた物語の構成と、それぞれのエピソードに込められた深いメッセージにあります。

背高泡立草 (集英社文庫)

まず、物語の構成についてですが、この作品は、現代の主人公の視点と、過去の島の人々の視点が交互に展開されます。現代の主人公は、母の実家である吉川家について、伯父や祖母の姉から話を聞きます。吉川家には、「古か家」と「新しい方の家」という二つの家がありますが、どちらも今は空き家になっています。吉川家は、戦前は酒屋をしていたが、戦中に統制が厳しくなって廃業し、満州に行く同じ集落の者から家を買って移り住んだということです。それが「古か家」であり、「新しい方の家」は、その後に建てられたものです。主人公は、この二つの家に流れた時間や、吉川家の人々の思いを知ることになります。

一方、過去の島の人々の視点では、江戸時代から現代までのさまざまな時代に、島にやってきた人々や島から出ていった人々の物語が語られます。江戸時代には、捕鯨が盛んで蝦夷でも漁をした者がおり、戦後には、故郷の朝鮮に帰ろうとして船が難破し島の漁師に救助された人々がいました。時代が下って、カヌーに乗って鹿児島からやってきたという少年が現れたこともありました。これらの物語は、主人公の家族と直接的には関係がないように見えますが、実は、島に残されたものや記憶としてつながっているのです。

このように、この作品は、記憶と歴史が結びついた物語として構成されています。それぞれのエピソードは、断片的に見えますが、実は、ひとつの大きな物語の一部であり、主人公のルーツやアイデンティティに関わっているのです。この物語の構成は、読者にも自分のルーツや記憶について考えさせる効果があります。

次に、それぞれのエピソードに込められた深いメッセージについてですが、この作品は、島という閉ざされた空間における人々の生き方や価値観を描いています。島には、いつの時代も、海の向こうに出ていく者や、海からやってくる者がありました。それぞれの者は、自分の居場所や幸せを求めて、島という場所と関わっていきました。しかし、島の人々は、それぞれの者に対して、受け入れたり、拒絶したり、無関心だったりとさまざまな態度をとりました。この作品は、島という場所が持つ独自の文化や歴史、そしてそこに住む人々の思いや葛藤を、細やかに描き出しています。

この作品の中で、特に印象的なエピソードは、戦後に島にやってきた朝鮮人の話です。彼らは、故郷に帰ろうとして船が難破し、島の漁師に救助されました。しかし、島の人々は、彼らを不審に思い、差別や暴力をふるいました。彼らは、島の人々と同じ人間でありながら、異なる言語や文化を持っていたために、排除されました。このエピソードは、現代の日本社会における外国人や少数民族の問題を連想させます。この作品は、島という場所を通して、人間の多様性や共生の可能性について問いかけているのです。

このように、「背高泡立草」は、記憶と歴史が結びついた物語の魅力と、それぞれのエピソードに込められた深いメッセージを持った作品です。この作品を読むことで、自分のルーツや記憶について考えるとともに、島という場所に住む人々の生き方や価値観に触れることができます。この作品は、現代の日本社会における人間の多様性や共生の可能性についても問いかけているので、読んだ後も長く心に残る作品です。