BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

西條奈加『九十九藤』-女性の生き方と恋の物語【読書感想文】

今回は、西條奈加さんの『九十九藤』について感想を書きたいと思います。この本は、江戸時代の口入屋(人材派遣業)を舞台にした、仕事と恋の物語です。主人公のお藤は、女ながらに口入屋の差配となり、新しい商法で店を立て直していきます。そこに、かつての命の恩人である黒羽の百蔵という謎の男が現れ、お藤の運命を大きく変えていきます。お藤と百蔵の切なくも美しい恋の行方と、お藤の仕事ぶりに引き込まれる一冊です。

九十九藤 (集英社文庫)

私は、西條奈加さんの作品が大好きで、特に時代小説が好きです。西條奈加さんの時代小説は、歴史的な背景や風俗を丁寧に描きながら、現代的な感覚で物語を展開していきます。登場人物も、個性的で魅力的で、感情移入しやすいです。『九十九藤』も、そんな西條奈加さんの作品の中でも、特に素晴らしいと思いました。

まず、主人公のお藤がとても好きです。お藤は、旅籠の娘として生まれましたが、祖母と母を亡くし、父にも見捨てられて、女衒に売られそうになります。しかし、お藤は、山中で逃げ出す際に、九十九藤に絡まり身動きが取れなくなります。その時、助けてくれたのが、黒羽の百蔵でした。百蔵は、元家老の息子で、父の不正を暴いたために、追われる身になっていました。お藤と百蔵は、一夜を共にしますが、その後は別れてしまいます。

お藤は、駿河屋という商家に拾われて、口入屋の仕事を始めます。口入屋とは、人材派遣業のようなもので、商家や武家に人を貸し出すことで、手数料を得る仕事です。お藤は、女性でありながら、口入屋の差配として、冬屋という店を任されます。冬屋は、武家相手に口入屋をしていましたが、利益が上がらず、赤字になっていました。お藤は、武家相手ではなく、商家相手に口入屋をするという新しい商法を考えます。商家相手には、寄手という人を育てて、指南役として派遣するという方法です。寄手は、お兼という女性に厳しく仕込まれて、家事や商いの技術を身につけます。お藤は、寄手の人選や配置、契約などを巧みにこなして、冬屋を軌道に乗せていきます。

お藤の仕事ぶりは、とても感心しました。お藤は、祖母から教わった知識や経験を生かして、商いの道を切り開いていきます。お藤は、常に前向きで、困難にも臆することなく、知恵と度胸で乗り越えていきます。お藤は、人を育てることの大切さも知っており、寄手や手代たちにも信頼と愛情を持って接します。お藤は、女性であることを弱みにせず、むしろ強みにして、自分の力で生きていきます。お藤は、現代の女性にも見習ってほしい、素敵な女性だと思いました。

もう一つ、この本の魅力は、お藤と百蔵の恋の物語です。お藤と百蔵は、江戸で再会しますが、その時、百蔵は、八部会という悪徳商人の組織の一員になっていました。八部会は、お藤の口入屋に嫌がらせをしてきます。お藤と百蔵は、敵対する立場になりますが、お互いに惹かれ合ってしまいます。お藤と百蔵の恋は、成就しがたいものですが、それだけに切なくも美しいです。お藤と百蔵は、互いに支え合い、助け合い、そして愛し合います。お藤と百蔵の恋の行方は、最後までハラハラさせられますが、最終的には、幸せな結末を迎えます。お藤と百蔵の恋は、読んでいて胸が熱くなりました。

西條奈加さんの『九十九藤』は、仕事と恋の物語ですが、それだけではなく、女性の生き方の物語でもあります。お藤は、不幸な過去を乗り越えて、自分の力で生きていきます。お藤は、仕事にも恋にも全力で取り組みます。お藤は、自分の幸せを掴みます。お藤は、私たちに勇気と希望を与えてくれる、素晴らしい女性です。この本を読んで、私もお藤のように生きたいと思いました。西條奈加さんの『九十九藤』は、おすすめの本です。ぜひ、読んでみてください。