BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

[宮本輝:灯台からの響き]~亡き妻の秘密と人生の再発見~【読書感想文】

宮本輝さんの『灯台からの響き』は、亡き妻の秘密を追う旅を通して、人生の尊さや家族の絆を描いた感動的な物語です。

灯台からの響き (集英社文庫)

主人公の康平は、妻の蘭子とともに板橋の商店街で中華そば店を営んでいましたが、蘭子が急病で亡くなってからは店を閉めてしまいます。ある日、分厚い本の間から蘭子宛てに30年前に届いた謎のはがきを見つけます。
はがきには海辺の地図らしい線画と数行の文章が添えられていましたが、差出人は蘭子の知り合いでもなく、康平にも見覚えがありませんでした。なぜ蘭子はこのはがきを大事にとっていたのか、そしてなぜ康平の蔵書に挟んでおいたのか。妻の知られざる過去を探して、康平は旅に出ることにします。

康平の旅は、灯台をめぐる旅です。はがきに描かれた線画は灯台の形をしていたからです。康平は灯台が好きで、本で読んだり写真で見たりしていましたが、実際に見に行ったことはありませんでした。蘭子との結婚後は、仕事と家庭に忙しくて、自分の趣味や夢を忘れていました。
しかし、妻の死をきっかけに、自分の人生を見つめ直すことになります。灯台を訪ねる旅の中で、康平は様々な人と出会い、話し、触れ合います。商店街の仲間や娘や息子たちとも、新たな関係を築いていきます。そして、はがきの謎が解けて、蘭子の過去が明らかになったとき、康平は妻のメッセージを理解し、また明日から前向きに生きていこうと動き出します。

この物語は、亡くなった妻の秘密を追うミステリーとしても読めますが、それ以上に、人生の再発見と再生の物語として読めます。康平は、妻の死によって自分の人生に空白ができたと感じていましたが、その空白を埋めるのは、他でもない自分自身でした。自分の好きなことや興味のあることに挑戦し、自分の周りの人との繋がりを大切にし、自分の人生を自分で切り開いていくことができました。蘭子は、康平にそうしたことを伝えたかったのだと思います。蘭子は、康平にとってだけでなく、読者にとっても、素敵で強くて優しい人でした。

この物語は、灯台が重要な役割を果たしています。灯台は、船の航路を示すだけでなく、人の心の道しるべにもなります。灯台は、風や波に耐えて、ひたすらに光を放ち続けます。灯台は、人の希望や夢や愛を象徴します。灯台は、人の人生を照らします。この物語を読んで、私は灯台に魅了されました。灯台からの響きは、私の心にも響きました。

宮本輝さんの『灯台からの響き』は、人生の尊さや家族の絆を描いた感動的な物語です。読んでいると、自分の人生について考えさせられます。自分は何のために生きているのか、自分にとって大切なものは何なのか、自分はどう生きたいのか。
この物語は、そうした問いに答えるヒントを与えてくれます。自分探しに遅すぎることはないと教えてくれます。自分の人生を自分で切り開く勇気を与えてくれます。読む人の心に灯台のように光を灯してくれます。