BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

時間を超えた恋の物語――『どこよりも遠い場所にいる君へ』【読書感想文】

『どこよりも遠い場所にいる君へ』は、阿部暁子さんの恋愛小説です。

どこよりも遠い場所にいる君へ (集英社オレンジ文庫)

主人公の月ヶ瀬和希は、ある秘密を抱えて離島の高校に進学します。そこで、神隠しの入り江で倒れていた少女・七緒と出会います。七緒は記憶を失っており、自分が1974年から来たと言います。和希は七緒の身元を探すうちに、彼女に惹かれていきますが、やがて二人の間には予想外の事実が明らかになります。

この小説は、時間を超えた恋の物語です。和希と七緒は、40年もの時差があるにもかかわらず、お互いに心を通わせていきます。しかし、その恋は果たして成就するのでしょうか。七緒は本当に1974年から来たのでしょうか。そして、和希が抱える秘密とは何なのでしょうか。物語は、読者の想像を裏切る展開になっていきます。

私は、この小説を読んで、愛とは何かを問い直しました。和希と七緒は、時代や環境が違うにもかかわらず、お互いに尊重し合い、支え合います。彼らの愛は、純真で美しいものです。しかし、彼らの愛は、現実には叶わないものです。彼らは、運命に翻弄されるように、別れを迎えます。彼らの別れは、悲しくて切ないものです。私は、彼らの別れに涙しました。

この小説は、恋愛だけでなく、友情や家族の絆も描いています。和希は、七緒だけでなく、離島で出会った友人たちや、自分の家族とも深い関係を築いていきます。彼らは、和希の秘密を知っても、彼を裏切ったり、見捨てたりしません。彼らは、和希を温かく受け入れ、励まし、助けます。彼らの友情や家族の絆は、和希にとってかけがえのないものです。

この小説は、感動的な物語です。私は、この小説を読んで、恋や人生について考えさせられました。この小説は、私にとって忘れられない作品です。