BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

【読書感想文】川上健一『翼はいつまでも』~ビートルズと青春の記憶~

こんにちは。今回は、川上健一さんの『翼はいつまでも』という小説について、読書感想文を書いてみたいと思います。この小説は、第17回坪田譲治文学賞を受賞した作品で、青森県の中学生だった主人公が、ビートルズの音楽に触れて変わっていく姿を描いた青春小説です。

翼はいつまでも (集英社文庫)

主人公の神山久志は、補欠の野球部員で、平凡な生徒でした。しかし、ある日、米軍放送で聴いたビートルズの「プリーズ・プリーズ・ミー」に魅了され、クラスで歌ってみせると、クラスメートから注目されるようになります。それをきっかけに、神山は、ビートルズのファンになり、仲間とバンドを組んだり、憧れの少女と交流したり、冒険の小旅行に出かけたりします。ビートルズの音楽は、神山に勇気と希望と夢を与えてくれました。

作中には、ビートルズの曲名や歌詞がたくさん登場します。私は、ビートルズのファンではないのですが、この小説を読んでいると、ビートルズの音楽が聞こえてくるような気がしました。ビートルズの音楽は、時代や国境を越えて、多くの人々の心に響くものなのだと思いました。また、この小説は、1960年代の日本の社会や文化も描いています。当時の学校や家庭や地域の風景や雰囲気が、細かく描写されています。この小説を読んで、自分の両親や祖父母の青春時代を想像しました。彼らも、ビートルズの音楽に触れて、何かを感じたのだろうかと思いました。

青春のひと夏の思い出を描いていますが、それは決して甘美なものだけではありません。主人公や仲間や少女は、それぞれに悩みや苦しみや葛藤を抱えています。彼らは、成長の過程で、失敗や挫折や別れを経験します。しかし、彼らは、それを乗り越えて、前に進もうとします。この小説は、青春の切なさや美しさを描いていますが、それは決して悲観的なものだけではありません。主人公や仲間や少女は、それぞれに希望や夢や愛を持っています。彼らは、それを実現しようと、努力や挑戦や冒険をします。この小説は、青春の勇気や希望や夢を描いていますが、それは決して非現実的なものだけではありません。主人公や仲間や少女は、それぞれに現実と向き合っています。彼らは、それを受け入れて、変えようとします。

ビートルズの音楽と青春の記憶を描いていますが、それは決して過去のものだけではありません。最後に、中学卒業後30年目の同窓会の場面を描いています。そこでは、主人公や仲間や少女が、それぞれに大人になって、再会します。彼らは、それぞれに人生を歩んできて、変わっています。しかし、彼らは、それぞれにビートルズの音楽と青春の記憶を持っています。彼らは、それを共有して、笑っています。この小説は、ビートルズの音楽と青春の記憶が、今もなお、彼らの心に生きていることを示しています。

この小説を読んで、とても感動し、自分の青春時代を思い出しました。ビートルズの音楽に聞き入りました。自分の人生を考えました。仲間や恋人や家族に感謝しました。希望や夢や愛に気づきました。自分の現実と向き合いました。勇気や希望や夢に生きようと思いました。

この小説は、ビートルズの音楽と青春の記憶を描いていますが、それは決して過去のものだけではありません。それは、今もなお、私たちの心に響くものなのです。私たちに、ビートルズの音楽と青春の記憶を、忘れないでほしいと伝えてくれるのです。ビートルズの音楽と青春の記憶を、大切にしてほしいと願ってくれるのです。ビートルズの音楽と青春の記憶を、生きる力にしてほしいと励ましてくれるのです。

この小説は、私たちに、ビートルズの音楽と青春の記憶を、贈ってくれるのです。