BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

『人間失格』を読んで感じた太宰治の孤独と苦悩【読書感想文】

今回は、太宰治の名作『人間失格』について、私なりの感想を書いてみたいと思います。この小説は、1948年に発表された太宰治の最後の作品で、自殺をする1か月前に書き終えたものです。実話ではなく創作ですが、太宰の実人生をなぞったような小説です。

人間失格 (新潮文庫)

物語は、ある作家がバーのマダムから、ある男の写真と手記を受け取ったところから始まります。その男の名前は大庭葉蔵といい、幼い頃から人間の存在が理解できなかったり、人間に対して恐怖を覚えていたりする異端者です。彼は、人に好かれるために道化を演じたり、孤独を紛らわすために酒や煙草、女や薬に溺れたりしますが、どれも彼の心の空虚さを埋めることはできません。最後には、自分は人間を失格したのだと確信し、廃人同然となって生きていきます。

この小説は、人間の葛藤と孤独を描いた日本文学の名作です。太宰治は、自分の人生を振り返りながら、自分が何者なのか、何のために生きるのか、という問いに答えを見つけようとしています。しかし、彼は自分の本質を見つめることができず、自分を偽って生きることに苦しみます。彼は、自分の存在に価値がないと思い込み、自分を否定し続けます。彼は、他人との関係を築くことができず、自分を孤立させます。彼は、自分の感情をコントロールできず、自分を破滅させます。

この小説は、太宰治の自伝的な小説とも言われています。太宰治は、自殺未遂を3度も繰り返し、最後には玉川上水で入水自殺をしました。彼は、自分の生き方に納得できなかったのでしょうか。彼は、自分の死に方に納得できたのでしょうか。彼は、自分の作品に納得できたのでしょうか。私には、彼の心の中が分かりません。しかし、彼の作品は、私の心に深く刺さりました。

『人間失格』は、時代を超えて多くの人々に読まれ続けている作品です。それは、この小説が、私たちの心の奥底にある普遍的なテーマを描いているからだと思います。私たちは、自分が何者なのか、何のために生きるのか、という問いに答えを探しています。私たちは、自分の存在に価値があると思いたいです。私たちは、他人との関係を築きたいです。私たちは、自分の感情をコントロールしたいです。私たちは、自分の生き方に納得したいです。私たちは、自分の死に方に納得したいです。私たちは、自分の作品に納得したいです。

『人間失格』を読んで、私は太宰治の孤独と苦悩を感じました。そして、私もまた、自分の孤独と苦悩を感じました。この小説は、私に自分自身を見つめ直すきっかけを与えてくれました。この小説は、私に自分自身を受け入れる勇気を与えてくれました。この小説は、私に自分自身を表現する方法を与えてくれました。この小説は、私に自分自身を生きる意味を与えてくれました。

『人間失格』は、私にとって、人生の教科書です。この小説を読んで、私は太宰治に感謝します。そして、この小説を読んでくださった皆さんにも感謝します。この小説を読んで、皆さんはどのような感想を持ちましたか?
それでは、また次回のブログでお会いしましょう。