BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

さくらももこさんの「のほほん絵日記」を読んで笑って癒された【読書感想文】

さくらももこさんは、人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者として知られていますが、その他にも多くの作品を描いています。その中の一つが、「のほほん絵日記」です。この本は、さくらももこさんが日々の出来事や思いを絵と文章で綴ったエッセイ集です。私はこの本を読んで、さくらももこさんのユーモアと人間味に溢れた視点に感動しました。そして、笑いと癒しをたくさんもらいました。

のほほん絵日記 (集英社文庫)

この本には、さくらももこさんの幼少期から現在までの様々なエピソードが収録されています。例えば、小学生の頃に友達と遊んだ思い出、中学生の頃に初めて恋をした話、大学生の頃にアルバイトをした経験、漫画家としてデビューした時の苦労や喜び、家族やペットとの日常などです。これらのエピソードは、さくらももこさんの個性的なキャラクターがよく表れています。彼女は、自分の欠点や失敗を素直に認めて笑い飛ばすことができる人です。また、人や動物に対する愛情や感謝の気持ちを忘れない人です。そして、何事にも興味を持って楽しく生きる人です。

この本の魅力は、さくらももこさんの絵と文章の相性がとても良いことです。彼女の絵は、シンプルで可愛らしいですが、表情や仕草がとても豊かです。彼女の文章は、簡潔で分かりやすいですが、ユーモアや感情がとても伝わります。絵と文章が組み合わさることで、さくらももこさんの世界観がより鮮やかに描かれます。読者は、彼女の目線で物事を見たり、彼女の心情に共感したりすることができます。

この本を読んで、私はさくらももこさんのファンになりました。彼女の作品は、私に笑顔と元気を与えてくれます。そして、彼女の人生観は、私に勇気と希望を与えてくれます。私は、この本を読んだ人にも、さくらももこさんの「のほほん絵日記」の魅力を感じてもらいたいです。この本は、誰にでも読みやすく、楽しめる本です。そして、誰にでも笑って癒される本です。