BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

『金の角持つ子どもたち』~夢に向かって努力する人々の物語~【読書感想文】

今回は、藤岡陽子さんの『金の角持つ子どもたち』という小説を読んだ感想を書きたいと思います。この本は、日本最難関と言われる中学を受験したいという夢を持った小学6年生の俊介と、その夢を応援する家族や塾の先生の姿を描いた感動の長編小説です。

金の角持つ子どもたち (集英社文庫)

私は、この本を読んで、夢に向かって努力する人々の美しさや強さに心を打たれました。
俊介は、サッカーをやめて塾に通い始めるという大きな決断をしますが、その背景には、自分の将来や家族のことを考える真っ直ぐな気持ちがあります。俊介の母親の菜月は、難聴の妹の美音のためにも、俊介の夢を応援することを決めますが、その過程で、自分の夢や仕事にも向き合うようになります。
俊介の塾の先生の加地は、俊介に勉強の楽しさや意味を教えるだけでなく、自分の過去の挫折や夢を乗り越えるきっかけを得ます。このように、この本では、夢を追いかけることで、自分や周りの人が成長していく様子が描かれています。

この本のタイトルにある「金の角」とは、未来を指し示す希望の光のことです。俊介は、受験に向けて、毎日一生懸命に勉強しますが、その姿は、まるで金の角を持った子どものように輝いて見えます。
俊介の夢は、受験に受かることだけではありません。彼は、宇宙ロケットを作るという大きな夢を持っています。その夢に近づくために、受験は一つのステップに過ぎません。
受験に受かろうが落ちようが、俊介は、自分の夢を追い続けるでしょう。そして、俊介の周りにいる人々も、それぞれの夢や目標に向かって歩んでいくでしょう。この本は、そんな夢に向かって努力する人々の物語なのです。

私は、この本を読んで、自分も夢を持って努力することの大切さや素晴らしさを感じました。私も将来の夢を持っています。その夢に近づくために、時には挫折や苦しみにぶつかることもありますが、この本を読んで、夢を諦めないで頑張ろうと思いました。私も、金の角を持った子どものように、夢に向かって輝きたいと思います。

以上が、私の読書感想文です。この本は、夢に向かって努力する人々の物語であり、読んでいるだけで勇気や元気がもらえる本だと思います。ぜひ、皆さんも読んでみてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[rakuten:book:20341702:detail]