BOOK PICKS~おすすめ書籍と映像のレビュー~

お気に入りの書籍と映像作品をご紹介します

【映画化作品】ビートたけしの純愛小説『アナログ』を読んで感じたこと【読書感想文】

ビートたけしの初めての書き下ろし恋愛小説『アナログ』を読んでみました。

この本は、携帯電話を持たないみゆきと、彼女に惹かれるインテリアデザイナー悟の、毎週木曜日に喫茶店で会うという約束を守り続ける純愛物語です。

現代には無いようなアナログな恋愛観や価値観を描いており、ビートたけしらしいユーモアや皮肉も散りばめられています。

私はこの本を読んで、以下の3つのことを感じました。

  1. 恋愛は面倒くさいけど、だからこそ素敵なもの
    主人公・悟は、みゆきとの関係を続けるために、携帯電話やSNSなどの便利なツールを使わずに、直接会うというアナログな方法を選びます。
    それは、時に不安や苦しみを生み出しますが、同時に喜びや感動も生み出します。
    悟は、みゆきとの再会に生きがいを感じるようになり、彼女のことを本当に大切に思うようになります。
    この本は、恋愛は面倒くさいけど、だからこそ素敵なものだと教えてくれます。
  2. 友情は恋愛の支えになる
    もう一つの魅力は、悟の小学校からの友人・高木と山下の存在です。
    彼らは、悟の恋愛をからかったり励ましたりしながら、いざとなると全力で協力してくれます。
    彼らの友情は、悟の恋愛の支えになります。
    この本は、友情は恋愛の支えになると教えてくれます。
  3. 時代に逆らうことも大切なこと
    すべてがデジタル化する世界で、悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束を描いています。
    それは、時代に逆らうようなことですが、彼らにとっては大切なことです。
    この本は、時代に逆らうことも大切なことだと教えてくれます。

まとめ

ビートたけしの純愛小説『アナログ』は、現代には無いようなアナログな恋愛観や価値観を描いた作品です。

私はこの本を読んで、恋愛は面倒くさいけど、だからこそ素敵なものだと感じました。

また、友情は恋愛の支えになると感じました。

そして、時代に逆らうことも大切なことだと感じました。

この本は、ビートたけしの初めての書き下ろし恋愛小説ということで、注目されていますが、それだけでなく、読者に多くのことを考えさせてくれる作品だと思います。

映画化

また、この作品は、二宮和也と波瑠の共演で映画化されました。映画は、タカハタ秀太監督がメガホンをとり、港岳彦が脚本を手がけました。2023年10月6日に全国公開され、好評を博しました。映画の予告編はこちらからご覧いただけます。

もし、この本に興味がある方は、ぜひ読んでみてください。